テフロンの素材とは?その利用性と未来について

テフロンの素材とは?その利用性と未来について

テフロン素材とは

 

 

 

テフロン素材の利用性

 

テフロンは化学式名でptfeと呼ばれます。炭素とフッ素の化合物の意味になり、よく使用されるのが、鍋の内側のテフロン加工です。

 

この技術は、鍋に焦げがつかず、またその滑りが良い点から、鍋の上で熱しながら素材を転がしやすいという利点があります。そのテフロン素材は、腐食に強いという内容もあり、素材同士が鍋の上でより良く混ざりあうのに対して、テフロン自体はそれに化合しないという優れた点があげられるのです。

 

ですので、テフロン樹脂コーティングという素材は、それぞれの特徴を活かして、医療の現場にも匹敵する素材の力を含有しています。テフロンでは、その滑りの良さとしてのキッチン用品があり、焦げがつかないという点で手入れのしやすさという面が強調されます。

 

 

テフロンは身近にある

 

テフロンの素材がどれだけ世の中に浸透しているかは、キッチン用品を確かめると解ることになります。

 

テフロン自体が素材と化合しない点については、昨今でも問題になる化学物質問題に対して、良い科学物質であると証明できますので、そのテフロン加工技術を有している日本としては、これからの飛躍も進んでいくと思われます。

 

 

テフロンの得意分野

 

テフロンの得意とするところは、安全な化学合成技術として、金属との加工が技術によって成されるところです。この金属に対するコーティング技術は、さらにフィルム状のものへの転用という形で、部品・素材を安定化される用途にも使用されます。

 

滑りが良く、高温に耐えうるという点では、エンジン設計の部門には欠かせないことですし、ベアリング技術に関しても、その滑りの良さを活かした設計デザインが可能になります。そして、高温を扱うような医療の現場では腐食に強いことを活かして、さらに医療部品やその切り札としての使用法も認められるでしょう。

 

 

テフロンの未来

 

テフロンの未来としては、従来焦げ付かないという意味で、キッチン用品に使用される趣はありましたが、その腐食性の無さと滑りの良さという点を更に推し進めて、部品加工の技術にも入っていきます。

 

これは、高温と腐食性の高い現場において優れた力を発揮してくれます。キッチンの火にも耐えるようなテフロン技術から、より耐火性そして潤滑性という点を強調すれば、さらにテフロン技術は日本の産業に貢献するでしょう。

 

テフロンはキッチンだけの素材にとどまらず、さらに飛躍的な部品加工技術としての展開が待たれます。錆びないという技術も産業にはとても大きいのです。

 

2019/10/11 | テフロン