テフロンによる人体への影響って有害なの?無害なの?

テフロンによる人体への影響って有害なの?無害なの?

テフロンの人体への影響

 

テフロンは無害

テフロン加工はキッチン周りへの利用で作られた経緯があります。またフッ素というものも歯磨き粉への製品へ使用されたりしています。フッ素は虫歯予防にも効きますし、歯のエナメル質も修復する効果を持ってる優れものです。市販の歯磨き粉のほとんどにこのフッ素は使われています。

 

つまるとこ、テフロン加工製品が人体に影響があることはありません。返って、耐腐食性能の優れた加工技術になりますので、外的要因を取り除くと言った面では有用になります。

 

テフロン加工されたフライパンは焦げつきにくさで長きに渡ってその有用な技術は様々な家庭で役に立っていることは知られています。これはテフロンのお陰で焦げを口に運ばずに済む、セーフティーテクニカルの分野になります。

 

テフロンはフッ素化学技術とも呼ばれています。(これはデュポン社が定めた商標であってフッ素樹脂加工もテフロン加工も同じになります。)これによって、フッ素は安全なptfeとしての利用が可能になっているのです。

 

フッ素樹脂はptfeのプラスチックへの利用がされますので、より強靭で耐熱強度の高いプラスチック部品が製作可能となります。フライパンと合わせてプラスチック部品をptfe化していくなら、キッチンでの耐熱の問題にはさらに貢献します。

 

 

テフロンはptfeの通称名

 

テフロンは、フライパンの内側に施工された焦げを防止しあらゆる薬品にも耐えると言う意味での製品名でした。ですので、現段階でテフロンという名称を使用するのは、通称名となります。

 

工業用では化学式の略式としてptfeと呼ばれたりしますが、このptfeの技術を応用する際にもフッ素化技術もしくはフッ素樹脂化と言った、産業用の利用法の名称としても呼ばれることはあります。

 

つまり、フッ素化技術においては、安全対策として、そして利用者や従業員を守る意味としての、展開が待たれるのです。つまり、ptfe技術は産業の基盤としてのセーフティに貢献する意味が非常に強くなります。

 

フッ素化技術については、工業用としてptfe化技術としての利用がされますが、その用途としては、耐腐食性・耐摩耗性と言われるように、人間が使用する際の産業作業としての安全性を守る意味が大きいです。

 

ですから、フッ素自体が無害である点、また漏水の無さを強調できるptfeプラスチック・ptfeゴムパッキンは産業面にて非常に貢献をすることで期待されています。科学技術は安全な化学式を産業に応用して初めて経済への利用価値が生まれます。

 

 

テフロン加工された金属板

 

テフロン加工された金属板は、金属の剥離がない時点で有用な潤滑系部材となります。これは、キッチンで使われるようになってから、焦げを防止するというイメージが先行しています。

 

しかし、テフロンの表面加工においては、その意味を付着性の無さという利用法で産業展開されますし、またその滑りの良さから、潤滑系の回転部分や動作・駆動箇所への応用で非常に有用な技術とされます。

 

テフロンは熱に対する強さが証明されていますし、腐食に関しては酸だけではなく、塩分に対しても効果が高いです。ですので、可変性の無い安全なptfe技術によって、裏方としての部品に応用されるのです。

 

ptfe技術に関しては、その焼き付けるかたちでの金属プレートがありますし、金属板の多層構造としての利用法も産業展開されます。多層構造においては、金属・合金の性能を活かした作りに変更し、それぞれの産業の特性に合わせた展開が可能になります。テフロン加工では、燃焼部分への応用や、熱を持つ配管部分への利用法など、より製品・機械の耐久度を向上させる技術となっています。

 

 

テフロンの潤滑性能

 

洗いやすさという観点から、テフロン技術はフライパンを水洗いした時に洗剤を使ったように滑る感触があります。これはテフロンが付着性において非常に剥がれやすい効果がわかります。

 

洗い終わった後の水滴の除去についても、流水が球状として転がり、そのまま落下しますので、テフロン加工された金属表面ではその乾燥時間も極端に短縮されます。

 

洗浄作業時間の短縮ということには、キッチンサイドでの利用だけではなく、産業利用としての有用性が大きく望まれます。これによって、テフロンの潤滑性能は洗浄性能としても利用され、衛生基準をクリアした形で産業展開されます。

 

特に食品加工業界・医療業界においては、人体に直接触れる製品を製作していますので、安全技術をptfe、テフロンで守ることで事業自体を守ると言う意味でもかなり重要度は増します。

 

テフロンの安全技術に関しては、人体に無害とされるだけではなく、その部品を使用して社会へ応用することによって、衛生・清潔・クリーンな意味合いが多く含まれます。

 

耐摩耗性に関しても、その潤滑性能と併せて的確な洗浄方式をマニュアル化していけば、剥がれ落ちることもありません。作業手順通りの洗浄によって、恒久的に使用できるようになっています。

2019/11/18 | テフロン