NEWS

フッ素樹脂とパッキンの関係:樹脂加工されたメリットは?

フッ素樹脂加工のパッキンのメリットは?

フッ素樹脂配合のパッキンは、その配管の内部の熱現象に従って起こる発熱に対する抵抗力があります。通常のゴムパッキンであれば、高温・高熱が加わった状態では、耐久度の面において劣化現象が始まってしまいます。

これをフッ素樹脂を混ぜ込んだパッキンにすれば、パッキンの締め付けにも問題がなく、しかも熱に強いため、かなりの耐久度を保持することができる。このフッ素樹脂加工パッキンの耐熱の仕組みは、他の化学的変化にも強いパッキンとして、フレキシブルな対応が可能です。

耐熱という観点では、通常の水道工事には問題なく使用できるゴムパッキンでも、熱が100度を超える場合でやはり問題になります。つまり、熱に強いという点で、漏液・漏ガス対策にもなるのです。

経年変化にある程度の強さを持つフッ素樹脂パッキンは、その交換時期も長期に渡って、大幅に保持することができるようになります。耐熱という観点からは、そのフッ素樹脂加工技術を応用すれば、シールテープにも加工を施す事が可能になります。

フッ素樹脂の経年変化

フッ素樹脂の経年変化は、特別に摩擦が発生しなければかなりの耐久度の持続性があります。フッ素樹脂と言えば、金属の表面コーティングへの加工技術を想像しやすいですが、それだけではなくゴム繊維に対してもフッ素樹脂を織り込む事は可能です。

金属表面へのフッ素樹脂加工は確かに金属摩耗の影響を受けます。それは圧力や摩擦からのものなので、定期的な交換が必要になるでしょう。ゴム繊維にもそれは該当しますのでゴム製のパッキンをフッ素樹脂加工することへの応用も効くわけです。

フッ素樹脂パッキンは、金属に対する接触箇所に対して潤滑性を保ったパッキンです。金属加工技術の硬質のものより粘度の高い性質を保持します。もちろん定期的な交換は必要ですが、フッ素樹脂が熱に強く、潤滑性に富んだ仕組みをしているので、より耐久度に富んだパッキンを制作する事が可能になるのです。

 

フッ素樹脂による潤滑性

フッ素樹脂は潤滑性を帯びており、これはフッ素のフライパンなどで確かめることができます。フッ素加工されたフライパンは、その滑りの良さと、焦げ付きにくさで有名です。

フッ素樹脂パッキンでは、その継ぎ手の問題としてより回転性に優れる場面での使用が可能になります。このパッキン処理を行う2タイプのものとして、まず締め付けを行う際に滑りが良いという点から、かなりのトルクで配管を結合できる利点があります。

そして、もう1タイプでは配管の継ぎ手の部分でその回転性を保持したまま、密閉度を高めた作りにすることも可能になるのです。つまり、漏液・漏ガスなしに配管の連結と回転性を保持することが可能になります。

滑りが良いという点でも、そのフッ素樹脂パッキンと接合する別の樹脂を選ぶことができれば、幅広い配管の設計と設置ができるようになるのです。これは、工場内部であったり、洗浄用の工程にはかなりの必須事項となりえます。

フッ素樹脂パッキンは、その潤滑の性能からかなりの圧力に耐えられる締め付けトルクに対応できます。その締め付け箇所からの漏れを無くし、配管をより柔軟性に富んだものに応用することが可能になります。

 

フッ素樹脂を練り込んだパッキン

フッ素樹脂を織り込んだパッキンは、シール状の薄いものから通常のゴムタイプのものまでの製作が可能になります。そして、パッキンシールはネジ部における摩耗すり減りを激減させた構造は高い評価を得ています。

ゴムパッキンとしても滑りによる接続箇所の工程のしやすさとして、また熱変化における経年摩耗にも対応しています。また、潤滑をメインに組んでみれば、漏れの無い状態をキープするのと同様に、配管の回転性をより高度に保って組むことが出来るのです。

配管における接続は、一度組んでしまうとなかなか変更が利きませんが、フッ素加工パッキンであればある程度の曲がりや、回転性に対応することが可能になります。そして、回転や滑りを与えたとしても、その摩耗性の少なさ、そして潤滑性能の優れた加工技術になりますので耐久度も優れます。

加工として、黒色を保ったゴム樹脂だけではなく、白いテープや、白いパッキンとしても応用が可能です。潤滑性能に優れた白いパッキンであれば、黒いパッキン以外にその応用方法が拡がるでしょう。

CONTACT

各種お問い合わせ、ご質問、資料請求など、
お気軽にご連絡ください

SNS

日本ポリマーの
最新情報をチェック!